働き方改革取組事例
三谷産業株式会社 卸売業・小売業

ヘルスキーパー採用

取組の目的・背景

三谷産業株式会社(以下、三谷産業)は、社員のワーク・ライフ・バランス、障がい者雇用、環境・教育・子育て等の分野における社会貢献活動を推進しています。「社員を家族のように思う」三谷産業の取組のうち、特長的なものをご紹介します。

2005年7月から民間企業における障害者の法定雇用率は1.8%、2014年からは2.0%、2018年からは2.2%に引き上げられました。
三谷産業では、障がい者の雇用および自立サポートを目的に、「障害者雇用促進法」に基づき、障がい者雇用を行っています。
一方で、業務のIT化に伴い、身体疲労やストレスによる肩こり、目の疲れ等を訴える社員が増えてきました。
そこで2003年、社員の身体疲労回復およびリフレッシュを目的としてマッサージルームを常設。マッサージルームでヘルスキーパーとして勤務する視覚障がい者を採用することで、障害者雇用率も満たすことができました。

取組方法・プロセス

マッサージルームで働くヘルスキーパーは、金沢本社に2名、東京本社に2名の計4名が常勤しています。その他の事業所への出張マッサージサービスも行っています。

取組の効果

2017年度、社員のマッサージルーム利用回数は、年間2,232回にのぼりました。「身体の疲れで仕事の効率が上がらないとき、マッサージルームを活用して効果的に休憩を取り入れることで、リフレッシュすることができる」と多くの社員から好評です。

三谷産業株式会社

金沢市はたらく人にやさしい事業所表彰 2017年度 特別優秀賞
障害のある方の積極的雇用 ワーク・ライフ・バランスの推進 社会貢献活動の推進
・障害者雇用の促進に併せ、社員の健康管理に取り組んでいる。
・時差出勤等育児・介護に関する制度を設け、仕事と家庭の両立支援を行っている。
・給付型奨学金制度を導入し、利用実績も高い。
・東北・熊本の被災地支援を継続して実施している。
業種
  • 卸売業・小売業
事業内容
空調設備工事、情報システム、樹脂エレクトロニクス、化学品 他
従業員数
470名(2018年3月31日現在)
Webサイト
http://www.mitani.co.jp/