働き方改革取組事例
三谷産業株式会社 卸売業・小売業

テレワーク導入

取組の目的・背景

三谷産業株式会社(以下、三谷産業)は、社員のワーク・ライフ・バランス、障がい者雇用、環境・教育・子育て等の分野における社会貢献活動を推進しています。「社員を家族のように思う」三谷産業の取組のうち、特長的なものをご紹介します。

三谷産業では、かねてより事業活動上のリスク対応として事業継続活動に取り組んでいますが、不測の事態が発生した中でも即時復旧し、普段と変わりなく事業遂行するための仕組みとしてテレワークを導入しました。

取組方法・プロセス

テレワーク導入を見据えて、社員向けにテレワークに関する意識調査を実施したところ、週1~2回のトライアルへの希望者が100名を超え、社員の関心が非常に高いことがわかりました。
並行して、当社子会社が提供するポータル型グループウェアによるテレワーククラウドの環境整備を進捗しました。
テレワーク実施環境としては、社員の自宅の他に津田沼(千葉県船橋市)社員寮をサテライトオフィスとして活用。同サテライトオフィスにはネットワークやテレビ会議などのインフラを完備しています。

取組の効果

2019年9月現在、社員の約9割、437 名がテレワークを実施しました。
総務省をはじめとする各省庁と東京都などが実施する「テレワーク・デイズ2019」に参加しました。
期間内の2019 年7 月22 日(月)から9 月6 日(金)にテレワークに参加した社員にアンケートをとった結果、48%がテレワークの実施により「仕事に関するストレスが下がった」と答え、76%が「効率が上がった」または「社内同等の効率を維持できた」と回答しました。

三谷産業株式会社

金沢市はたらく人にやさしい事業所表彰 2017年度 特別優秀賞
障害のある方の積極的雇用 ワーク・ライフ・バランスの推進 社会貢献活動の推進
・障害者雇用の促進に併せ、社員の健康管理に取り組んでいる。
・時差出勤等育児・介護に関する制度を設け、仕事と家庭の両立支援を行っている。
・給付型奨学金制度を導入し、利用実績も高い。
・東北・熊本の被災地支援を継続して実施している。
業種
  • 卸売業・小売業
事業内容
空調設備工事、情報システム、樹脂エレクトロニクス、化学品 他
従業員数
479名(男性355名、女性124名)(2019年4月1日現在)
Webサイト
http://www.mitani.co.jp/