働き方改革取組事例
ネッツトヨタ石川株式会社 卸売業・小売業

営業時間外対応の負担削減

取組の目的・背景

働き方改革の一環として、社員の時間外労働負担を減らし、かつお客様への安心サポートのため、時間外労働が発生しにくい仕組みづくりに取り組んだ。

取組方法・プロセス

・営業終了時間の短縮(19時⇒18時)
業務の集約化を目的として、営業終了時間を19時⇒18時へと1時間早めた。

・自社のお客様向けに事故専用ダイヤルを開設。
営業時間外の事故や故障でのお問い合わせを専用窓口(外部)へ誘導。

取組の効果

営業終了時間を1時間早めたことで、つきあい残業が抑制され、時間外労働・光熱費の削減につながった。
事故専用ダイヤルについては、毎月約40件の利用があることから、業務負担減少と併せてお客様サービス向上にも寄与していると思われる。
また、専用窓口(外部)にて状況の聞き取り・対応を行い、集約した情報をもとに活動できるため、効率化にもつながった。

ネッツトヨタ石川株式会社

金沢市はたらく人にやさしい事業所表彰 2017年度
ワーク・ライフ・バランスの推進 社会貢献活動の推進 従業員の健康増進
・インフルエンザ予防接種等費用補助の周知を図り、利用率が上昇した。
・金沢マラソンへの協賛等を通じ、社員と地域の人との交流が生まれ地域活性に貢献している。近隣小学校へ出張授業を実施し、クルマが社会に与える影響や、環境について考える機会を提供している。
・産休等制度の周知を図り、出産を理由とする離職者は7年間0人であり、女性の雇用が定着している。
業種
  • 卸売業・小売業
事業内容
自動車販売・整備・点検・保険など自動車購入に関わる商品を総合的に取扱
従業員数
355名(2021年1月1日現在)
Webサイト
https://www.netztoyota.co.jp