在籍型出向支援助成金

1.対象となる事業主

① 次のいずれかに該当

 ア 出向元事業主
  ・国の産業雇用安定助成金の支給決定を受けた出向元事業主
         で、金沢市内に本社がある中小企業事業主 
   (国助成率:10分の9又は5分の4)

  イ 出向先事業主(市外企業・大企業含む)
   ・アからの出向者を受け入れ、国の産業雇用安定助成金の
          支給決定を受けた出向先事業主
       ・在籍型出向により、金沢市内に本社がある中小企業より
          労働者を受入れ、国の産業雇用安定助成金の支給決定を
          受けた出向先事業主

② 市税の滞納がないこと

 ただし、次のいずれかに該当する場合は対象外となります。
     (1) 上記①、②において、独立性が認められない事業主間で
          実施される出向
     (2) 国、県、または市が出資による権利を有する事業所の
          事業主
     (3) 他の助成制度の対象で、産業雇用安定助成金以外でその
          制度の助成を受けている事業主
     (4) その他市長が不適当と認める事業主

2.対象経費

 産業雇用安定助成金における出向運営に係る経費
 (出向中に要する出向労働者の賃金、労務管理・
  教育訓練に関する経費)
 ※令和4年2月1日から令和5年3月31日までの
  出向運営に係る経費が対象となります。

3.助成額

 対象経費の1/20
 (国・市合わせて1人あたり12,000円/日 
  1事業主あたり上限1,000,000円)

4.対象期間

 令和4年2月1日から令和5年3月31日までの出向

5.申請期限

国の助成金の支給決定後3月以内(天災その他やむを得ない
理由があるときは、その理由がやんだ日から7日以内。)

6.申請書類

  ・金沢市在籍型出向支援助成金申請書
      ・産業雇用安定助成金支給申請書の写し
  ・産業雇用安定助成金支給決定通知書の写し
  ・出向元(先)事業所賃金補填額・負担額等調書の写し 
  ・支給対象者別支給額算定調書の写し 

7.申請書類等ダウンロード

8.関連リンク

  ・産業雇用安定助成金(厚生労働省)
  ・産業雇用安定センター