働き方改革取組事例
社会保険労務士 山田事務所 サービス業

大型モニター導入による時間効率の向上

取組の目的・背景

事務所内で行う法改正などの情報共有や、顧問先企業様ご訪問のための移動、代表の決裁や判断待ちに時間がとられている。
今後はこれらの問題を解消するために、事務室に大型のモニターを壁に据え付けることで事務所内の情報共有を容易にするとともに、顧問先企業様や外出中・出張中の代表とテレビ会議ができるようにすることにより、生産性向上を図りたい。

取組方法・プロセス

情報共有の時間は月に20時間を超え、また、ご訪問に片道1時間30分以上かかる顧問先企業様もあることや、代表が外出・出張のため事務所に不在で、決裁が取りづらいという状況が変わってきました。

取組の効果

すべてをモニターでではなく、モニターでもいい内容はなるべくモニターで、対面が必要な内容は時間がかかってもご訪問(対面)という考え方で、効果が徐々に出てきている状況です。

社会保険労務士 山田事務所

金沢市はたらく人にやさしい事業所表彰 2017年度
女性の地位向上の推進 ワーク・ライフ・バランスの推進 女性が働きやすい環境整備
・女性パートタイム勤務者を正社員としたことで、女性の視点を事業所運営に取り入れることができた。
・作業機械の購入、クラウドシステムを導入したことで、業務の効率化が図られた。
・男女別に休憩室を設け、仮眠できる環境を整えたことで、職員の定着が図られ、午後業務の眠気がなくなり、集中力が持続するようになった。
業種
  • サービス業
事業内容
いい会社づくりをご支援(助成金申請代行・労務相談・就業規則作成など)
従業員数
7名(2019年12月1日現在)
Webサイト
https://www.sryamada.jp/