仕事と介護を両立するための制度を活用しましょう!

2018年12月3日

介護に直面しても、すぐに退職はせず、自社の就業規則等を確認したり、人事担当者に相談するなどして、仕事と介護を両立するための制度を活用し、仕事を続けながら介護をしましょう

労働者の皆さんへ

継続的に介護を行うためには、経済的な負担がかかります。また、介護が終了した後の生活を視野に入れて考えても、経済的基盤は重要です。

育児・介護休業法においては、介護休業や介護休暇、時間外労働の制限など、仕事を続けながら介護するために活用できる制度が定められており、企業の規模や業種を問わず適用されることとなっております。

退職する道を選ぶ前に、まずは自社の就業規則等を確認したり、地域包括支援センターを利用するなどして、仕事を続けながら介護する方法を見つけましょう。

厚生労働省HP「仕事と介護の両立支援」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

【お問合せ先】石川労働局 雇用環境・均等室 TEL 076-265-4429