〔情報提供〕職場で新型コロナウイルスに感染した方へ

2022年6月9日

厚生労働省からのお知らせ

業務によって新型コロナウイルスに感染した場合、労災保険給付の対象となります。

・感染経路が業務によることが明らかな場合

・感染経路が不明の場合でも、感染リスクが高い業務(※)に従事し、それにより感染した蓋然性が強い場合
 ※(例1)複数の感染者が確認された労働環境下での業務
 ※(例2)顧客等の近接や接触の機会が多い労働環境下での業務

・医師・看護師や介護の業務に従事される方々については、業務外で感染したことが明らかな場合を除き、原則として対象

・症状が持続し(罹患後症状があり)、療養等が必要と認められる場合も保険給付の対象

詳しくは、厚生労働省HPのQ&A(項目「5 労災補償」)をご覧ください。

関連ファイル